電子記録債権はでんさいが便利|使用するメリット

ウーマン
レディ

プロのオペレーターが対応

電話対応を社員が行うのは難しいと考えている企業は秘書代行サービスを利用すると良いでしょう。様々なメリットがあり、料金プランも豊富でとても安く利用を行なうことが出来ますよ。

男性

企業経営のサポートをする

企業経営のサポートを行ってくれる人事管理システムがとても人気です。人事管理システムを導入することで従業員の情報も管理出来るだけではなく、各種保険の手続きもシステムで行なうことが出来ます。

スーツの人

様々な情報を共有する

企業にとって、情報の共有やスケジュールを管理することはとても重要なことです。そこでスケジュール共有ソフトを導入することで、より業務を効率的に行えてスムーズになります。

でんさいのサービス

男の人

電子記録債権とは、手形や売掛債権などの指名債券の問題点を解消することが出来た金銭債権のことを指します。電子記録債権の発生、譲渡は電子再建記録期間の記録原簿に電子記録を行ないます。それが効力が発生する要件になります。また、手形や指名債権を電子化したものではないので気を付けてください。つまりは電子記録債権にしたことで、手形の紛失や盗難リスクなどを回避し、記録機関にて記録原簿で管理を行なうことが出来ました。
そんな電子記録債権ですが、日本ではでんさいや電ペイ、電手、支払い手形削減サービスの主な4つのサービスが展開されていますが、その4つの中で最も使用されているのが、でんさいとなっています。なぜ、でんさいが普及されているのかというと、でんさいは銀行や信用金庫、信用組合などの様々な金融機関が参加している全銀行参加型の電子記録債権となっているので、非常に互換性に優れており既存の銀行間の決済システムをまるごと利用できるという理由があります。でんさいを使用するメリットとして、1つ目が紙は使用することがないので、事務の負担やコストを削減することが出来ます。2つ目が手形や振り込み、一括決済などの支払い手段をでんさいを使用することで一本化することが出来ます。また、分割や譲渡の行為が簡単に行うことが出来て、取り立て手続きも要りません。上にもありますが、手形の紛失や盗難のリスクが回避することが出来るのも非常に素晴らしいメリットでしょう。